施設の理念・館長挨拶

「和み楽しむ」、「長寿の館」と書いて、和楽長寿館。私たちは親しみを込めて「和楽」と呼んでいます。
当館は介護施設ではなく、入居施設です。そのため、入居者の皆様が一斉に参加するようなレクリエーションなどのイベント提供はあえて行っておりません。
入居者様お一人お一人のこれまでの歩みを大切にしながら、皆様らしい生き方、過ごし方ができますよう、そして皆様にとっての「和楽」のひとときを提供できますよう努めて参りたいと考えております。家具の持ち込みも可能です。慣れ親しんだ生活に極力近い環境で、ご自由にお過ごしいただけます。

日々移り変わる当館の様子をご覧ください。(不適期に更新致します。)👇

当「和楽長寿館」のホームページをご覧頂き、心より感謝申し上げます。
「公共の福祉」という分野には、一つ共通する概念があると考えています。それは、「老いも若きも、身体的にハンデのある方も健常な方も同じステージで過ごすことが出来る場所を提供する者となる」ことであり、私共が最も大切にしている精神です。
弊社、有限会社リビングスペースは、平成20年に長太ノ浦の地に開業した「デイサービスえにし」に始まり、サービス付き高齢者向け住宅「和楽長寿館」、そして「訪問介護えにし」を新規オープン致しました。「数多くの入居者」としてではなく、お一人お一人が深い人生の歩み・歴史をお持ちの「特別な存在」であるという認識を持ち、そのような「特別な存在」である入居者様に見合ったサービスに従事し、邁進して参ります。
また、「和楽長寿館」は人と人とが触れ合う地域に根差した施設であること、そして「心から入居者様を愛せる職員によるサービスの提供」を目指します。
どなた様もお気軽にお立ち寄りくださいましたら幸いに存じます。
今後ともどうぞ、宜しくお願い申し上げます。
和楽長寿館館長 竹﨑 匠学